Spportunity Special Presents 【第3回】「マニアック野球座談会」~優秀なGM・監督について徹底討論!~

Spportunityコラム編集部

前回までのあらすじと野球博学の求道者3名のご紹介

野球博学の求道者3名、「アスリートの夢を本気で応援したい」スポチュニティスタッフ1名、やや読売贔屓な太鼓持ちスタッフ1名の計5名による「マニアックな野球座談会」。
 
Spportunity Special Presents【第1回】「マニアック野球座談会」~野球博学の求道者が大集結!~では、球団組織や移籍から見る海外と日本のスポーツビジネスの熟成度、応援や引退セレモニーから見る海外と日本の文化の違いについて様々な意見が出た。
 
Spportunity Special Presents【第2回】「マニアック野球座談会」~今話題の岩手大船渡高の「大谷二世~では、「大谷二世」との呼び声も高い岩手大船渡高校の佐々木投手をはじめとする有望な若手選手について野球博学達の知識が溢れ出た。
 
 
西尾典文(略称:西)
野球ライター。筑波大学大学院体育研究科卒(スポーツの動作解析専攻)。愛知県生まれで大学まで選手としてプレー。アマチュア野球を中心に年間約300試合を観戦。取材の為に全国に足を運び、ほとんどのプロ野球選手のアマチュア時代を生で目撃。日本ハム吉田輝星を甲子園前から「高校№1投手」と推す等、百戦錬磨・スカウト顔負けの審美眼を持つ。
 
 
 
梶原駿(略称:梶)
株式会社ミクシィのスポーツ事業推進室にてスポーツマーケティングを担当。前職ではプロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグのリーグ事業統括としてスポンサーセールス、マーケティング、イベント運営、広報など幅広く担当。
現在もミクシィに所属しながら、BCリーグの他女子ソフトボールリーグ活性化のアドバイザーとしても携わっている経験から、国内外のスポーツビジネスにおける経営やマーケティングを中心とした知見や深い洞察を持つ。また、プレイヤーとしても大学卒業まで野球に取り組む。
 
 
山本祐香(略称:山)
野球タレント、野球ライター。「楽しみまSHOW!野球女士」、「スワいち!(http://swa1.net)アシスタントMC」などで活躍中。
三度の飯より野球が大好き」というキャッチフレーズと共にタレント活動をしながら、プロ野球・アマチュア野球を年間120試合以上観戦し観戦記録をつける日々。最近の楽しみは、大学野球で逸材を見つける“仮想スカウティング”。面白いのに日の当たりづらいリーグを太陽の下に引っ張り出すべく、世の中に向けて発信をしていく。
(最新コラム:https://www.spportunity.com/column/130/column_detail/
 
 
他スポチュニティスタッフ2名(A、B)

  

そもそも、優秀なGM・監督とは?

 

プロ野球のGMと言えば、ブラッド・ピット主演の『マネー・ボール』。日本のプロ野球にもGMを中心とした組織制度は根付くのか!? (出典:https://netflix-fan.jp/moneyball/

 
 
A:日ハムのことを皆が好評価しますが、どういう所が凄いのでしょうか?
 
西:やはりシステム育成。人とか環境とかプランニングとか全部ですね。それを司ってる吉村GMという方がいるのですが・・・
 
A:その吉村GMという方が凄いんですか?
 
梶:私はそう思います。もともとアメリカのデトロイトタイガースでGM補佐をされていた方で、本人自身プロ野球選手の経験は恐らく無い方だった気がします。
 
西:元々は日刊スポーツの記者だったそうです。
 
梶:GMがやることをしっかりと経営指針にしている社長が重要ですね。さっき序列の話をしましたけど、オーナーがいて、社長がいて「うちはこういう方針でいくから、現場は監督に任せよう」と決めるGMがいる。
そのGMが監督をアサインする。要するに監督は部長みたいな存在です、現場の部長。日本は現場の部長が一番偉いという風潮になってますが・・・
 
A:日本でGMが優秀な球団はどこですか?
 
西:GMを置いている球団自体が少ないです。
 
A:西武は確か、渡辺久信さんがGMになるとのことですよね?
 
梶:そうですね。あと、楽天は石井一久さんがGMになりますね。
 
西:GMが居ることを組織化出来ているかが重要なんですよね。
 
 

師弟関係を築いていた栗山監督と大谷翔平(出典:https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/npb/2019/01/02/___split/
 

梶:組織体制が上手いのは日本ハムですね。というのも、栗山監督を監督として呼んだのも、「大谷翔平選手が二刀流を活かせる人にしよう」という方針ではないでしょうか。日ハムは、ダルビッシュ選手など選手を海外に出すけれども、ちゃんと育てる。それの方針を実行できる監督を選んでる印象です。
 
西:日本ハムは他にも梨田さんとか、球団方針にYESと言う人しか監督に連れてこない印象です。
 
A:梨田さんって優秀なんですか?
 
梶:人を育てるのが優秀な方でないでしょうか。

優勝請負人、近鉄、日本ハム、楽天で指揮を執った梨田監督(出典:https://www.fighters.co.jp/news/detail/874.html

 
西:優秀ですよ。近鉄、日ハムで優勝して、楽天も惜しいところまでいきましたしね!
 
A:巨人の高橋由伸監督はどうなんですか? ちょっと可哀そうでしたよね。
 
西:原監督が第三次政権を4年5年ぐらいやった後に、また監督をやる可能性はあるかもしれませんね。
 
B:監督ってとにかく「嫌われ役」にならないと務まらないと聞きました。原さんも監督になってから性格も厳しく変わったみたいですね。とにかく怖くなったとのことです。
 
梶:それは誰情報ですか? (笑)
 
一同:(笑)
 
B:何かの記事で見ました(笑)
 
梶:でも、あると思いますよ。やはり選手・コーチとは立場が全然違うので。監督は、現場のマネジメントを務める必要がありますからね。
 
A:近年の監督の中で、この人はすごいというのは誰ですか?
 
B:いやー、それ聞きたいですね!
 
A:例えば、ここ10年の間とかでなら?
 
山:私はやっぱり栗山監督はすごいと思います。
 
梶:うん!栗山監督ね。

写真は、有識者から育成手腕を評価される日本ハムの栗山監督
(出典:https://www.shingokataoka.com/entry/2016/06/08/%E7%95%B0%E4%BE%8B%E3%81%AE%E7%9B%A3%E7%9D%A3%E5%B0%B1%E4%BB%BB%E3%81%8B%E3%82%895%E5%B9%B4%E3%80%82%E3%80%8C%E4%BA%BA%E3%82%92%E8%82%B2%E3%81%A6%E3%82%8B%E5%90%8D%E5%B0%86%E3%80%8D%E6%A0%97%E5%B1%B1

 
山:選手が伸び伸びできるのは、それは1つの監督の才能だと思います。
 
A:元ジャイアンツの大田選手を観てもそうですよね!
 
山:そう、大田選手とか!あと、大谷選手も活躍されてますよね!
 
梶:栗山監督、緒方監督は「現代っ子の選手達」をしっかりマネジメントできる監督という印象です。一方、星野さんや原監督はスター性で選手を引っ張ることが出来る人だと思います。
 
西:ヤクルトの真中さんも、栗山監督・緒方監督タイプに近かったですよね。
 
A:西尾さんは、「この監督は、素晴らしい」っていう監督は誰ですか?
 
西:やっぱり落合さんは凄かったと思います。落合さんが監督をしていた時期の中日は本当に強かった。ただ、世代交代を上手く進められなかったという反省点があったと思います。
 
一同:(笑)
 
西:凄かったですよね。落合さん・・・。あとは、秋山幸二さんも良かったですよね。
 
一同:あぁ~、ソフトバンクの!
 
A:例えば、今のソフトバンクの工藤監督はどうですか?
 
西:結果を残しているので、良い監督だとは思いますけれど・・・
 
A:そもそもの戦力が他球団と違う?
 
西:起用法を見ていると、疑問を感じる采配は有りますね。それは、工藤監督だけの問題ではない気がしますけどね、監督にどこまでを求めるかですよね。
 
A:確かにどういうコーチ陣を置くかによっても違ってきますよね?
 
西:そう。星野さんとかは本人は目立ちますけど、コーチに誰を招聘するかなど、要するに人を集める能力に長けていました。
 
A:コーチというのはどうやって集めているんですか?監督が招聘するんですか?
 
西:基本的には、監督が招聘していると思います。
 
A:監督が自分の人脈で?
 
西:はい、そのパターンが多いと思います。そうでないのもありますけどね。ただ、監督変わったらコーチも大体代わりますからね。なので、裏を返せば監督が変わっても変わらないコーチは万人に信頼される優秀なコーチということだと思いますよ。
 
B:巨人の村田真一コーチは、相当優秀ということになりますね!前回の原政権でも由伸政権でもヘッドコーチでしたからね!
 
西:今回の原政権でもコーチに残りましたっけ?
 
B:残ってないです。今回は、そもそもヘッドコーチを置いてないです。
 
梶:GMすらも置いていないですね。今回は。
 
西:でも、前回の原政権は凄かったと思いますよ。実際、強かったですものね。
 
A:ジャイアンツファン的にはどうなんですか?原監督は?
 
B:歴代の巨人の監督の中でもトップ3ですよ!長嶋さん、藤田さん、原監督!。
 
梶:長嶋政権は年齢的に観てないのでは?(笑)
 
B:まあ・・・観てないですけど。藤田政権も(笑)
 
西:藤田さんは目立たないけど名将でしたよね。ただ、前回の原2次政権も相当凄かったと思いますよ。3連覇を2回してますからね!
 
梶:スターを集めて、まとめるのが上手な監督ですね。モチベーターです。
 
A:サッカーでいうとレアルマドリードのジダン監督のようなイメージですか?
 
西:そうですね!
 
梶:やっぱり、生粋のカリスマ性があるから出来ることだと思います。一方、星野さんは「雑草魂」を持っている選手を奮い立たせる能力に長けていましたね。
 
西:でも、星野さんも結構新し選手を獲得しますからね。
 
A:阪神のときは結構獲得しましたよね。
 
西:阪神のときは結構メンバーを入れ替えたりしてましたからね。星野さんは3球団を優勝させているので、それは凄いことですよね。原監督も個人的には他球団にでも監督をやって優勝させて欲しかったですけどね。例えば、DeNAとかに行って優勝させたら凄いですけどねぇ。
 
B:やぁ、巨人ファンとしてはその姿は観たくないなぁ。
 
(続く)
 
▼スポチュニティとは?
https://www.spportunity.com/about_us/
 
▼野球独立リーグ、サッカー、クリケットなど様々なスポーツを応援
https://www.spportunity.com/
 
▼多様なコラムを掲載
https://www.spportunity.com/column/column_list/

Spportunityコラム編集部
Spportunityコラム編集部中の人。編集部いち押しのスポーツブログを紹介します!